タバコの喫煙は膀胱がんなどの病気の発生率を高める

最近は至る所にあった喫煙場所が少なくなってきたり禁煙をする人が多くなったために、禁煙ブームの中でもあきらめずに吸い続けている喫煙者は肩身の狭い思いをしている人が多いとされていますが、家族や子供に文字通り煙たがられていても、その一方でなかなかやめられず吸い続けている人も少なくないとされています。

タバコの喫煙は、生活習慣病や心筋梗塞、あるいは脳卒中などの様々な病気の引き金になるとされていますが、実は膀胱がんの発生率を高めているということをご存知でしょうか。

膀胱は尿を溜める器官であり内臓の奥深くに存在しているために、一見タバコの煙には触れる部位ではないためあまり関係ないように思われがちです。

しかし、このがんになる原因の中でも最も関係性が深いとされているのがタバコの喫煙だとされています。

30代の若さで亡くなった往年の大スターや、昔から活躍していた有名な男性声優さん、国民的アニメの作者も実はこのがんが原因でなくなったとされており、特に男性は女性に比べて3倍も罹患率が高いとされていますが、その理由はどんなことが考えられるのでしょうか。

そして、タバコとの因果関係について考えてみましょう。

膀胱に悪性腫瘍ができることですが、比較的尿道と膀胱の位置が近い女性の方がなりやすいと考えられがちですが、がんに関していうと男性の方が圧倒的に発生率が高いとされています。

なぜ女性よりも男性の発生率が高いのかと言えば、やはり喫煙率の高さが挙げられます。

かといってイコール喫煙率の高さがそのままがんの発生率に直接つながっているのかというのは定かではないとされていますが、影響が大きいということに関しては否めないと言えるでしょう。

そして、実際には喫煙がどのように影響を及ぼしているのかついて考えてみましょう。
発生の原因を考えられれば予防をすることも可能ですので、快適で健康的な生活を送るようにするためにもまずは把握してみることをおすすめします。

実は非喫煙者に比べて喫煙者における膀胱がんの発生率は2~4倍ほども高いとされています。

タバコには数多くの有害物質が含まれており、「百害あって一利なし」という言葉もあるように健康を考えるのであれば一刻も早くやめるべきという人も少なくありません。

このがんの発生率を高めているのもその有害物質が原因だとされており、その中でも特定の化学物質である「芳香族アミン」という成分の影響が大きいとされています。

芳香族アミンには発がん性があり、タバコ以外にも染料などにも多く含まれているため印刷業や機械業、あるいはカラーリングを行うことの多い美容師も病気の発生リスクが高いと言われています。

ただ、現在では芳香族アミンの法規制が整っているために実際に関係性があるかどうかは明らかになっていませんが、喫煙と関係があるという点では否定できないと言えるでしょう。

どんなに体に悪くて病気になると言われてもなかなかやめられない人にとって、膀胱がんになるからやめようと決意する人は少ないと思われますが、もし発症した場合には血尿などの自覚症状があらわれるために、やばい病気なのではないかと早期に医療機関に受診することが多い病気でもあります。

このがんは、稀に30代で発症する人もいるとされていますがほとんどの場合40代以降で発症することが多いので、一度でも血尿などの症状が現れた場合には病院に行って検査をすることをおすすめします。

最近では女性の喫煙者も増えてきており、男性が家族やパートナーに言われてやめることが多いのに対し女性の場合は言われてもなかなかやめられない人が多く、一般的には女性でこのがんを発症する確率は低いとされていますが喫煙しているのであればその確率は高くなるために油断してはいけないと言えるでしょう。

また、悪性度が低く早期発見できれば完治も可能であるために予防していつまでも健康で長生きするためにもすすんで禁煙をすることを始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です