タバコ病とも呼ばれる病気のCOPDを発症させる?

タバコは百害あって一利なしという言葉は昔から定説として存在していますが、最近では禁煙ブームということもあり分煙や禁煙になっている場所は非常に多くなってきています。

喫煙者は会社や家庭、カフェなどにおいても肩身の狭い思いをしている人が多いのではないでしょうか。

しかし、だからといって完全に喫煙する人がいなくなったかと言えばそうではなく、男性は家族やパートナーに強く言われることもあり禁煙を考える人は多いようですが、女性の方がなかなかやめる機会がなく吸い続けている人が多いとされています。

喫煙は、様々な体の不調の原因となるだけでなく病気の発症率を高めることにもつながります。
特に、正常の細胞を損傷させるためにがんを発症する確率は非常に高いとされています。

また、食の欧米化により肥満や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の進行とタバコの喫煙は非常に深い関連性を持っており、病気になるリスクが高まると言われています。

本人が命を縮めるのは仕方ないとしてタバコを吸う分には構いませんが、その有害物質が家族やパートナーの寿命を縮めることにもつながるために、自分だけの問題ではなくなってくるのが喫煙の難しいところでもあります。

例えば、空気清浄機を使用して部屋の空気を綺麗にしたところで、タバコから出る有害物質はカーテンや壁、衣服などにもシミ付きちょっとやそっとでは落とすのは難しいとされやがては家族の体を蝕むことにもつながるとされているのです。

いつまでも健康的に長生きしたいのであれば徐々に変数を減らして最終的には禁煙できるようにするのが望ましいと言えます。

喫煙によって発症する病気は様々なものがありますが、その中でも別名タバコ病とも呼ばれているCOPDをご存知でしょうか。

なぜ喫煙によってCOPDを発症するのか、どんな因果関係があるのか考えてみましょう。

COPDとは、慢性閉塞性肺疾患のことで肺気腫と慢性気管支炎の総称であり、発症する人の90%が喫煙者であることからタバコ病と呼ばれています。

中高年で発症することが多く、普段からたくさん吸う機会が多い人ほど早く発症して、またその家族も発症する恐れがあるとされています。

喫煙習慣がなくても、家族やパートナーの副流煙を常時浴びている場合にはこの病気を発症しやすいのです。

初期症状としては、風邪が治りにくかったり咳や痰がでるなどの症状から徐々にちょっと動くと息切れがして運動を続けるのが難しくなったり階段の上り下りでも苦しくなるなどの症状に進行していきます。

症状が出るのが一般的に40歳以降であることが多いため、それより若い世代でタバコを吸っている人は対岸の火事という感覚でしかないかもしれませんが、安心して喫煙を続けているといつの間にか発症していることにもなりかねません。

病状が進行して、やがて着替えをするのもつらくなると言った状態になると自宅での酸素吸入が必要となります。
酸素吸入が必要となるだけでなく、その他の病気と合併症を起こすこともあるのでなるべくなら発症させないようにするのが大切であると言えるでしょう。

そして、COPDにならないようにするために第一の予防が禁煙になります。

タバコを吸わなければ、あるいは家族にタバコを吸う人がいなければこの病気のかかるリスクも低くなりますので、まずはタバコの本数を少なくすることから始めるのが良いかと思われます。

喫煙をすることは、この病気に限らずがんや心筋梗塞など自分が知らないうちに徐々に体を蝕んでいくことになります。

自分がしていることで、家族の健康や将来さえも脅かしていると考えるなら、まじめに禁煙しようと考えるのではないでしょうか。

そのため、日頃の生活に気を付けて悪化させたり重病にならない前に早めに生活改善、体質改善をすることが重要となってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です